今週は桃の摘果ですよ。
初心者には非常に難しい作業です。
因みに摘果→本摘果と摘果は2回あります。
ふにゃ。
摘果ってなんだにゃ?
あれ、前言いませんでしたか?
摘果は桃の生育を健全な状態に保ち、一つ一つの果実を大きく綺麗にするためにやります。
具体的には何をするにゃ?
不要な粒を取っちゃいます。
といっても不要な粒をどれとするかは考えちゃうんですけどね。
・・・
ルールとしては上向きの果実は全部取ります。
根元の果実は全部取ります。
あとは、果実同士が適度な距離を保つように調整します。
これが、取る前と取った後です。
取る前

取った後

ふ~ん。
わかりづらいにゃ。
ボクはいっぱい食べたいからいっぱい残しといて欲しいにゃ。
・・・
悩ましい部分です。
沢山とりたいですが、沢山残してしまうと未成熟で小さいおいしくない果実が増えるんですよね。

関連記事

甲府盆地にも金木犀の香りが立ち込めるようになってきましたが、金の香りは一切立ち込めないサイトがこちらです。

っていうのは何が悪いんでしょうねぇ。ほとほと困り果ててしまいました。といってもそんなに困ってませんけ

記事を読む»

環境を変えたいなら、まず、SNSを辞めることからですかね

はい、ということで、やめてください。今すぐに!!このブログも閉じてください!!きっとツイッターや、F

記事を読む»

山梨県の郷土料理ほうとうについての原住民の印象~郷土料理とご当地グルメは同じものか否か~

山梨県民のほうとう筆おろしは小学校1年生に訪れます。 おっと、山梨県民の田舎過ぎる人と年寄りは

記事を読む»