今回はとてもとても大事なねんどの話です。


こちらからの続きになります。


大事ですけど、別に100円のものでもいいんですよ。

但し、100円のものを使うと、割れが発生しやすいです。
この粘土は変な色でしたが、灰色の落ち着いたものもありますよ。
では、マネキンヘッドに盛り付けていきましょう。

ビニールガムテープのマスク一杯になるようにねんどをどんどん持っていきます。

大まかに自分の頭にしたところです。頭がでかいとねんどの量はかなり必要です。

私の場合はマスクまで5kgくらいは消費しました。
1700円+税って感じになるんでしょうかね。

手持ちの資料やあなたのイメージを頼りに粘土を盛っていきます。

手に持っているのはこれまた100円で買った粘土ヘラ7本セットです。
今度これを買いたいと思っています↓


沢山種類や形があると捗ります。
一番必要なのは如何にカッコつけるかです。
それが出来ないなら、高い金額のヘラがあっても無駄でしょう。

そして、出来る限り綺麗にしていって私の場合はこのくらいまでやりました。

細かく見ると沢山のヘラ傷があります。
多分、完璧といえる出来にはならないでしょう。

関連記事

甲府盆地にも金木犀の香りが立ち込めるようになってきましたが、金の香りは一切立ち込めないサイトがこちらです。

っていうのは何が悪いんでしょうねぇ。ほとほと困り果ててしまいました。といってもそんなに困ってませんけ

記事を読む»

目が疲れました

ふぅ。 めが・・・目が・・・ ! ご主人どうかしたのかにゃ? ムスカみたいだにゃ

記事を読む»

BUZZるコンテンツの作り方

簡単に言えばぎりぎりのところを狙うんです。 なに、いったいどうしたの? だって、今さえにゃーとバ

記事を読む»