簡単に言えばぎりぎりのところを狙うんです。

なに、いったいどうしたの?

だって、今さえにゃーとバズるコンテンツの作り方がどうとかって言ってたでしょ??

バジリコの作り方を聞いてたにゃ!!

ちょっと先入観が強すぎるんじゃないかしらサエダーさん(伏線

ふむぅ、まぁバズるコンテンツっていうのはですね・・・

(始まっちゃった)

(はじにゃっちゃった)

倫理観のぎりぎりのところを狙う

例えば、AGFのブレンディのCMで牛を擬人化したんです。
高校生をねモチーフに。

それってぎりぎりなの?

いえいえ、実際はアウトだったんです。

例えば、食肉工場に出荷される男子生徒は嫌だから暴れるわけです。
不良の生徒も暴れるわけ。
出荷=進路、という感じで、ナレーションも「進路はときに不平等な現実を突き付けてくる」と。

あら、日本の現実ね・・・
スパイシーな風刺だこと。

そして、何よりブレンディに出荷が決まった女子生徒に対して、
校長先生が「恋牛乳を出し続けるんだよ」とメッセージを送ります。

あ~~~、それはアウトになるわね。

そうです、この例ではアウトですが、バずるコンテンツとしては成功です。

因みにバズバズ言ってますが、バズはバズマーケティング正式でありましょう。
意味はこんな感じです。

バズマーケティング(英語: Marketing buzz,buzz)とは口コミマーケティング(英語版)の時に使われる用語で、消費者やオリジナルマーケティングメッセージを助長するのに役立つ商品やサービスのユーザー、漠然としているが肯定的な連想、興奮、商品やサービスの予想に関する対話を意味する。肯定的な口コミはバイラルマーケティング、パブリック・リレーションズやWeb 2.0媒体上の広告の目的として一般的である。この用語はマーケティング手法の実行や結果的に生まれる好意の両方を意味している。バズマーケティングの効果が強い(または、強かった)商品としてハリー・ポッターシリーズ、フォルクスワーゲン・ニュービートル、ポケットモンスター、ビニー・ベイビー(英語版)やブレア・ウィッチ・プロジェクトなどを擧げられる。
バズマーケティングという用語は元々口頭でのコミュニケーションが由来だが、Web 2.0世代ではFacebookやTwitterといったソーシャルメディア上でバズマーケティングが生成される。
このマーケティングは商品やサービスの宣伝で既得権益を持つと認識されている企業よりも個人を信頼しやすい理由で機能している。
企業はバズモニタリングを使用することで自社製品のバズマーケティングを追跡することが可能である。幾つかの企業は市場にコミットする前に自社製品を取り巻く話題を理解するために必要と考えている。
by ウィキペディア

ふぅ~ん

人の神経を逆なでするぎりぎりを狙う

じゃぁ、次のパターンにいきますね。
多くの人がもっている、「そんなこと言われたくない!!」を突いていきます。

これは、本当に人間の心理を突いています。
例えば、最近私が注目している人物でイケダハヤトという人がいます。

イケダハヤト?ハヤト=コバヤシなら知ってるわよ。
何の人??

ブログニストの先輩ですよ。
彼のブログのタイトルは

まだ東京で消耗してるの?

です。

わぁ、逆なでてるわねぇ。逆なでてる。

そのタイトルもさることながら、各記事でちょいちょい東京住まいの人を逆なでています。

私はそのスタイル好きですよ。
私の場合は東京住みの優秀な盆地の民を盆地に連れ戻したいのですが、彼の方が1億倍は上手ですね。

年も変わらないのに本当に頭が下がります。

年って、サエダーさんそろそろプロフィールをリアル寄りに変えなくっちゃ。

えぇえぇ、もちろんですよ。

戦争、政治のぎりぎりを狙う

では、次ですが、戦争で言えば、賛成反対。

政治で言えば現政権の賛成反対について辛辣に記載することです。

この辺はみんな書いてるのでヒットしないと思われがちですが、かなり調査されています。
おそらく、一般人以外の人が検索しているのが多いと思っています。

一般人以外??
それって、記者とかそういう仕事の方かしら?

当たらずも遠からず、と言ったところでしょうか。

世界っていうのは一筋縄ではないんですよ。
因みに、戦争賛成!!を書いた方が多分バズります。

ネットやリアル世界上には戦争反対派が極端に多いです。
そして、賢明な人間は戦争賛成は掲げません。
本当に必要であれば戦争もやむなし、と考えている人は多いでしょう。動物としてはそれが普通です。

その辺りも一筋縄ではいかない世界。ということです。

ふぅん。
私、戦争反対ってよく分からないのよね?
結局、虐殺反対ってことなのかしら??

健全な心を持っていれば・・・

しかし、人は平等ではないんです。
その人の環境によって、自らの心で世界と向き合えない方もいます。

または考えることをやめた人・・・カーズかよって感じになりますよね。

どこの吸血鬼よ・・・

因みに政治の場合はアベ政権批判ですが、賛成意見を書いた方がバズります。
攻撃されます。

多分ね。

まとめ

以上、バズりそうなコンテンツの作り方3パターンをあげてみました。

どれも、劇薬です。
一度そのコンテンツでバズってしまうと中毒になるか。
絶対できなくなるか、どちらかでしょうね。

それでも、、、自分の意見を言わないことほどつまらないコンテンツはないと思います。

はっきりしない男は私嫌いだわ!!

もちろん、意見表明の結果、中立の意見です!!

ていうのが私多いんですけどね。

それって、中央の右側の人からは左側め!と言われ、
左側の人からは右側め!!って言われちゃうんですけどね。

とりあえず、まとめると、人の神経を逆なでするくらいのコンテンツが良い!!
ってことね。

・・・そんな感じです。

関連記事

100回打席に立って、一回ホームランを打つだけの簡単な作業

すべてのことはこれに尽きると思ってます。 普通に考えたら辛すぎるにゃ そんなことないですよ。人生

記事を読む»

2015年サエダーズラボラトリーベストセレクション

2015年このブログで読まれた記事の上位5件を大発表します!!2015年はいろいろとありましたねぇ。

記事を読む»

WordPressでのブログは孤独で孤高、それゆえにサエダー!!

そういうわけで、私、孤高のヒーロー雑記ブロガー、仮面サエダーです。 ヒーローじゃないのかよ!!

記事を読む»