私は常々感じていました。

我々社会人は市民ではないのではないのかと?
シティピープルではないのではないかと。

なぜなら、市民とは政治的共同体の構成員であるからです。
市民 – Wikipedia

我々は主観者として、政治的共同体に参加しなければならないのです。

ところが、ほとんどの皆さんが感じている通り、我々は政治に参加していません。
参加できていません。

政治に参加するほどの自由時間とが無いのです。

暇さとは本当に重要なもので、最近では、ものすごく暇らしい超偏差値が低い大学に通っている
シーなんとかという団体がいましたね。今もいるでしょうが。

学生時代は本当に暇です。かなりやりたいことをやれました。

政治に関心を持てたのも学生の内だけでした。社会人になったら、何も追えないのです。
情報を全く追えない。追う時間が取れない。
調べる時間を取れない。

正に、奴隷的生活を送っているのだと思います。
その上、我々日本人は喜々としてその奴隷生活を甘んじて受け入れている節があります。
正直言って、奴隷は楽なんです。
主観的に様々なことを観て聞いて議論して、政治的な課題に立ち向かう。
それは、大変難しいことなのです。

また、随分と哲学的な独り言をしておるのう

だ、大首領!!

私の一番の趣味は独り言をいうことです。

私は奴隷であることに甘んじ、社会的な生活を送れていないのではないでしょうか。
そんな風に思ったわけです。

それは良い悪いの話ではありません。

関連記事

子どもの色覚は赤色から発達する、私が言いたいことが分かりますね、ヒーローの皆さん

たまには論理的なことを書いてみましょうか、仮面サエダーです。いつもお世話になっております。どうぞよし

記事を読む»

山梨 秋の3大風物詩

山梨の秋と言えば何を思い浮かべるか・・・ 30年以上山梨県に引き籠っている私が発表しましょう。

記事を読む»

生成!!公開!!いずれも~~マッハ―ぁ

聞いてくださいよさえにゃー ???んー、なんにゃ。せっかくお昼寝していたのに邪魔するとは人の道に反

記事を読む»