私は常々感じていました。

我々社会人は市民ではないのではないのかと?
シティピープルではないのではないかと。

なぜなら、市民とは政治的共同体の構成員であるからです。
市民 – Wikipedia

我々は主観者として、政治的共同体に参加しなければならないのです。

ところが、ほとんどの皆さんが感じている通り、我々は政治に参加していません。
参加できていません。

政治に参加するほどの自由時間とが無いのです。

暇さとは本当に重要なもので、最近では、ものすごく暇らしい超偏差値が低い大学に通っている
シーなんとかという団体がいましたね。今もいるでしょうが。

学生時代は本当に暇です。かなりやりたいことをやれました。

政治に関心を持てたのも学生の内だけでした。社会人になったら、何も追えないのです。
情報を全く追えない。追う時間が取れない。
調べる時間を取れない。

正に、奴隷的生活を送っているのだと思います。
その上、我々日本人は喜々としてその奴隷生活を甘んじて受け入れている節があります。
正直言って、奴隷は楽なんです。
主観的に様々なことを観て聞いて議論して、政治的な課題に立ち向かう。
それは、大変難しいことなのです。

また、随分と哲学的な独り言をしておるのう

だ、大首領!!

私の一番の趣味は独り言をいうことです。

私は奴隷であることに甘んじ、社会的な生活を送れていないのではないでしょうか。
そんな風に思ったわけです。

それは良い悪いの話ではありません。

関連記事

桃の旬はあと少しですよ。奥さん、買い忘れはありませんか?

ご主人ご主人大変だにゃ!! どうしましたさえにゃー? ブログの最終更新から2

記事を読む»

漢の子の義務教育シリーズ:スクライド~対象年齢15歳以上~

昨今、男女差別はダメ。男女を平等に!という、主張が繰り返されていますが、男女の隔たりを精神論以外で突

記事を読む»

【猪苗代湖@福島県耶麻郡猪苗代町壺楊南浜】ザ・レイクサイド

ダークサイド、ライトサイド、レイクサイドの内レイクサイドに行ってきました。 山梨を遠く離れ

記事を読む»