妊娠してから変わることといえば、つわりだけでなく身体的な変化!!

初期の頃はそんなに大きな変化はないですが、だんだん中期に差し掛かってくると胸やお腹が大きくなってきます。私の場合、4ヶ月入るくらいからだんだんお腹が出てきて普段着ている下着がきつくなってきました。

そんな時に必要になってくるのが、マタニティーインナーです。








妊娠中から産後にかけて女性の体は大きく変化します。
約10ヶ月かけて赤ちゃんとともに子宮が大きくなり、出産に至ります。

妊婦さんの強い味方、一番最初にお世話になるのがマタニティーインナーではないですかね。

マタニティー用のショーツはお腹を大きく包み込んでくれるので、冷えも予防してくれます。
一番はやっぱりあの履き心地の良さ♪
すっぽりお腹までくるので、今まで履いていたショーツよりもいい感じ!
ついつい産後長く着用したままの方もいるそうです。(私は産後3ヶ月くらいで元に戻しましたが)
妊娠中のデリケートな肌に優しい素材で、縫製も一般のものよりちくちくしにくいものになっているので、離れがたくなっちゃうんです。

あとは、もちろんマタニティーブラジャーですね。
妊娠中は赤ちゃんの授乳のためにだんだん胸が大きくなっていきます。
普段の下着はワイヤーが入っていたりするので、胸には優しくありません。
オーガニックコットンを使ったものやいろんな種類がありますが、基本的にノンワイヤーでパットが入ったタイプとリラックス時に着用するタイプの2種類があります。
産後にも使えるように授乳時にさっと胸が出せるような作りになっていて、重宝します。
ブラに関しては、多めに持っておいても損はないですね。

個人差がありますが、妊娠3カ月くらいからマタニティーインナーに徐々に切り替えていったほうが体には優しいと思います。何せ、3カ月はつわりの真っ最中。少しでも楽なインナーを付けることで、心も体も少しはゆとりが持てると思います。
きついインナーをしていると、血行も悪くなってむくんでしまったりしますしね。

西松屋や赤ちゃん本舗などで売っています。デザインもいろいろあるので、まずはインナーから楽しいマタニティーライフを♪

関連記事

【ポール・ラッシュ祭2016@北杜市高根町】山梨がさかっていることを認識できるフェスティバルの一つ

2016/10/15,16は2016年のポールラッシュ祭。 さて、ポール・ラッシュ祭とは?

記事を読む»

30代から始める浅間神社の世界へようこそ

さ、今日は一宮にある浅間神社にいってきましたよ。 (adsbygoogle =

記事を読む»

黒井健絵本ハウスに行ったところ偶然にも黒井健氏に遭遇しました

さすがに写真を撮るのは憚られました。▼GoogleMap▼ストリートビュー 撮影禁止かどうかわから

記事を読む»