仮面サエダーでごいす。

浅草でごいす。ラーメンでごいす。家系でごいす。

ってなわけで山梨県民のエルドラド、東京は浅草に行き入隊、もとい入家してきました。

なんですかね浅草隊って!!良いネーミングセンス

そんな浅草隊の場所はこちら!!





ちょっとだけ場所がわかりづらいですし、浅草駅から遠いので注意しながら探しました。
いやぁ、見つかってよかった!!

▼手振れ
dsc_0309

さて、こちらの購入方法は安定のコミュ障に優しい券売機
昔ながらのボタン式です。やっほー

でも、コミュ障にとっての難関。
家系の定め、硬さ、濃さ、油の量を応えないといけません。がんばって!!

しかも、この浅草隊。ライスいりますか?と聞いてきます。

面喰ってうっかり、「もふん!!」とか答えないように気を付けましょう。

さて、注文後席(カウンター)に通されます。
(店内結構狭いです。都会の立地環境ですねぇ・・・)

▼席にはやはり指南書が
dsc_0313

薬味が豊富です。たくあんがあるところに男気(?)を感じます。

▼ラーメン 並盛 680円
dsc_0310

dsc_0311

dsc_0312

まず見た目から、チャーシューでか!!となりました。まぁ、そんな厚くないんですけどね。
麺は中太麺なんですが、どうやらこの麺、既製品です。むしろ手打ちの方が珍しいんでしょうが、目の前で個包装の麺袋を開けられるとなんとも言えないです。
麺に関しては、硬めに仕上げてもらった方がいいかもしれません。
普通の硬さだと歯ごたえが足りないと感じました。

しかし、スープは絶品でした。味わい深いがまとわりつかず飲みやすい。
こってりなのにこってりを感じさせない、そんなスープでした。
デリシャス!!!

因みに山梨では、家系ラーメンというとはねだやが最高です。

関連記事

【自作FRPマスク制作】FRP手積用ポリエステル樹脂を使うことでFRPマスクが完成するのは当然のことです。

では今回はFRPの話をちょろっとしますね。FRPときっては切り離せないものが、FRP硬化剤とガラスク

記事を読む»

【FRPマスク制作】石膏型からFRPを引きはがします。

いよいよ、FRPマスクですよ。まぁ元々FRPマスクでしたけど。前回はこんな話でした。↓ 事前に

記事を読む»

【FRPマスク制作】引きはがしたFRPマスクに対し、武力介入モリモリを投入します

ここからは戦争です。モリモリを使った戦争です。私は生き残ることが出来るのか・・?!まぁ、生き残ったか

記事を読む»